眠ると美人になる理由





ご訪問ありがとうございます。

左側プロフ下「ランキング」応援いただければ幸いです。






左サイド「お勧め商品」に今注目度No,1の新商品を追加しました!!


青田典子の自宅で簡単にできる!【ビューティブル・ダイエット】










【眠ると美人になる理由】


【ホルモンが分泌され美肌・ダイエット効果も】


白川室長は「望ましい睡眠時間は7時間から8時間」という。
大切なのは、深い眠り(ノンレム睡眠)に入ること。

肌のターンオーバーを促進する成長ホルモンは、
このノンレム睡眠時に最大に分泌されるからだ。



睡眠時には成長ホルモンのほかにも、コルチゾール、メラトニン、
プロラクチン、副腎皮質刺激ホルモン、甲状腺刺激ホルモンなど、多くのホルモンが分泌される。

体のリズムを整えて免疫力を高めたり、ストレスを和らげる働きを持つ、
心身の“キレイ”を支えてくれるホルモンばかり。

成長ホルモンとコルチゾールは脂肪をエネルギーに変える働きを持つので、
ダイエットに効果的。しっかり分泌させよう。



【眠らないと成長ホルモンが効率的に分泌されない】

上は睡眠時、下は断眠時の血中の成長ホルモン濃度。

1日に分泌される成長ホルモンの総量は同じだが、
成長ホルモンは一定量を超えないと効果を発揮しない。

断眠時は一定量に達しないため、効率が悪い。(データ:Brandenberger,2000)









【脳の休息で内面美人に】


睡眠不足の影響をダイレクトに受けるのが「脳」。
「うつ病の場合、睡眠障害を改善するだけで治ることが多い。

眠ると脳が休まるので心も休まり、情緒が安定する」と西多医師。
きっちり眠れば、少しのことではイライラしない内面美人に近づく。


また、睡眠は記憶のメカニズムに密接な関係がある。
「記憶は眠っている間に取捨選択されて脳に定着する」(西多医師)。

脳は眠りが浅いレム睡眠時に日中の出来事を整理するといわれている。
そして、眠りが深いノンレム睡眠時には記憶を増強する。

スポーツや楽器演奏といった、無意識的に覚えるような運動記憶も増強してくれるという。
深く眠れば、知性も磨かれる!



Profile
白川修一郎室長日本睡眠改善協議会常務理事専門は睡眠科学、脳生理学。
「週末はだらだら眠らないこと。1時間早く寝て1時間遅く起きる程度で睡眠不足を調整するのがいい」。
西多昌規医師東京医科歯科大学大学院・精神行動医科学分野・講師睡眠医療認定医専門は精神生理学、睡眠科学。
「15分程度の昼寝は脳が休息でき、仕事の効率も上げるので有効。夜の睡眠も妨げません」。


(mixiニュースより)








青田典子の自宅で簡単にできる!【ビューティブル・ダイエット】








今日もここまで読んでいただき、ありがとうございます。

あなたの幸せを願っています。







ぴかぴか(新しい)足痩せスペシャル!!






脚やせダイエットメソッド(メールサポート、オンライン動画付き)



%EF%BD%93%EF%BD%94005.jpg

年齢とともにやせにくくなる……自分の体を厳しく仕分ける!





ご訪問ありがとうございます。

左側プロフ下「ランキング」応援いただければ幸いです。






左サイド「お勧め商品」に今注目度No,1の新商品を追加しました!!


青田典子の自宅で簡単にできる!【ビューティブル・ダイエット】





あなたのダイエットは進んでいますか。

梅雨も明けてすっかり夏の日差しと変わりましたね。
嫌でもあなたも素肌をさらす事になっていることと思います。

ダイエットは今からでも遅くはありません。
何もしなければあなたは変わりません。

今話題の
青田典子の自宅で簡単にできる!【ビューティブル・ダイエット】

ぜひ一度目を通してみて下さい。

当サイトからもご購入いただいている、現在一押しの商品です。

あなたがさらに美しくなるために、一歩を踏み出しませんか。
今からでも間に合います。

あなたが理想のスタイルを手にするために!!







【年齢とともにやせにくくなる……自分の体を厳しく仕分ける!】


夏に向け、ダイエットに励んできた女性は多いことだろう。

しかし、アラフォー世代からは、「なかなかやせない!」という声が……。
「年々、ウエスト周りがゆるみがちに。
以前は少し食生活に気をつければすぐ2〜3キロは落とせたのに、野菜中心の食生活にしても、
なかなかウエストもやせません」(百合子さん・40歳)。

「脚やおしりがぷよぷよしてきたので、
脚の筋肉を使うタイプのウォーキングシューズを買って2カ月ほどせっせと歩いていますが、
体重は横ばい。ふくらはぎには効いている気がするけれど、サイズダウンはあまりなし」(恵美さん・39歳)。


だがこれはある意味、自然の摂理。
何もしないでもエネルギーを消費する基礎代謝と筋肉量は、加齢とともに低下していくもの。
男性より筋肉量が少ない女性は、年々やせにくく太りやすくなるのだ。

そこで、アラフォーからのダイエットには、事業仕分け的な厳しさが必要となる!
では早速、事業仕分け目線で「カラダの仕分け」をしてみよう。

1.現状の数値化と分析をする
 カラダのサイズ各所を計測し、過去と比較。一番の無駄(変化)を認識する。

2.削減の必要な箇所と手段を検討する
 欲張らず、数値のいちじるしく増えた箇所にポイントを絞る。そして効果の高そうな手段を比較検討する。

3.削減目標を設定する
 厳しくとはいえ、無理な目標数値は達成しにくい。
さらに短期での過激な削減は反動(リバウンド)が見込まれるので、長期的な視野で、段階的な目標設定にする。

4.数値ばかりにとらわれない
 何のための削減かということを見失わないこと。健康を損なっては何にもならない。







そんなことを踏まえた、前出の彼女たちの「仕分け」後はというと……。
ウエストが気になっていた百合子さんは、「胃のあたりにもお肉がついていて、
胴回り全体が太くなっているなと改めて自覚。
野菜中心の食事だからと食べ過ぎていたかも。

夜食べる量を減らしながら、ウエストだけでなく背筋や脇腹も鍛えて、
胴回り全体のサイズダウンを目標にします」。

ちなみに当初の目標値はマイナス10センチだったが、
少しずつでもいいから減らしていくことを前提に、目標ハードルを緩めた。


体重減と美脚の両方を、と欲張っていた恵美さんは、時間のかかる脚やせよりも、
まずは見た目の「やせた印象」にポイントを置くことにした。

「以前ジムに通っていたとき、体の中でも大きな筋肉である、
腿とお腹、背筋を鍛えると代謝がよくなると教わったんです。
そうしたら、体重は変わらないのに“やせた?”とよく聞かれて。

その頃は体重しか測ってませんでしたが、たぶん筋肉量が増えていたのかなと。
今度は自宅で取り組んでみます」と、体脂肪や筋肉量が測れる体組成計を買って、日々の数値を励みにしている。

ダイエットの基本は摂取カロリーを抑え消費カロリーを増やすことだが、
基礎代謝が低下するアラフォー世代が意識したいのは、インナーマッスルを鍛え、代謝をあげること。
それによってカロリーが「燃えやすい」カラダになるのだ。
ヨガやピラティス、バレエエクササイズなど、それほどハードでない運動で、インナーマッスルは鍛えられる。
トレーニング時間がないという人は、「正しい姿勢」を意識するだけでも違うという。

大切なのは続けること、あきらめないこと。
47歳とは思えない見事なくびれ(58センチ)とボディラインをこのごろメディアでよく披露している、
フィットネストレーナーの樫木裕実さんも、雑誌のインタビューでそう言っていた。

また、近年はやりのゆったりしたチュニックにレギンス、という楽で体型をカバーできる服装を控える、
というのもひとつの方法。緊張感を忘れた体は油断する! 
夏だけでなく、1年中誇れるカラダづくりを目標に、
皆様の「カラダ仕分け」がどうか実り多きものでありますように。(オフィスエムツー/オオノマキ)


(mixiニュースより)





青田典子の自宅で簡単にできる!【ビューティブル・ダイエット】








今日もここまで読んでいただき、ありがとうございます。

あなたの幸せを願っています。







ぴかぴか(新しい)足痩せスペシャル!!






脚やせダイエットメソッド(メールサポート、オンライン動画付き)



%EF%BD%93%EF%BD%94005.jpg

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。