代謝の仕組み

[ダイエット方法] ブログ村キーワード



ご訪問ありがとうございます。

左側ランキング応援いただければ幸いです。






元婦人科薬剤師がホルモンの知識を活かし遂に導き出 したバストアップ法バストの成長に
女性ホルモンの分 泌が不可欠であることは周知の事実。

しかしエストロゲンやプロゲステロンを単純に増やせ ばバストが成長すると言う考え方は根本的に間違って います!
あなたのバストの成長に必要なもの・・・ それはまずはホルモンに対する本物の考え方を身につ けることだったのです。

このバストアップ法で成長したバストは元に戻ること はありません。



  ⇒ ★:大きくなったら二度と戻ることがない豊胸・バストアップ法

  






【代謝の仕組み】

代謝の仕組み,代謝とは、
体を動かしたり内蔵が働く時にエネルギーを消費する生命活動そのもののことです。

新陳代謝ともいい、汗をかく、髪が生え替わる、
肌が再生する、脂肪を燃やすなども代謝の作用です。

たとえ寝ている間でも代、謝は行われています。

代謝の中で特に呼吸や体温調節などの、
生命を維持するために必要な代謝が基礎代謝なのです。


消費エネルギーの70%を占めるといわれる基礎代謝は、
男性の場合は16歳、女性の場合は14歳がピークです。

基礎代謝は遺伝によってその仕方が左右されるといわれますが、
運動をすることなどで筋肉量を増やし、代謝を高めることはできるのです。

代謝が高い人はそれだけ摂取したエネルギーを消費しやすく、
したがって脂肪が燃焼しやすく太りにくい体質の持ち主になります。

代謝の低い人は脂肪が蓄積しやすく、体重が増加しやすい体質といえます。

一般的に筋肉量が少ない人ほど基礎代謝が低いというのが健康な人の場合の傾向です。


単品ダイエットなどの無理なダイエットをすると代謝を下げてしまい、
脂肪を減らすどころか逆に貯め込みやすくなる場合もあります。

代謝の低い人は体温が低い、手足が冷える、肩こりや腰痛がある、
血圧が低い、少し食べただけですぐ脂肪が増えるなどの傾向があります。

内蔵脂肪型肥満と呼ばれる、特に内臓のまわりに脂肪がつくタイプの人は、
生活習慣病にもかかりやすくなるので注意を必要とします。






今日もここまで読んでいただき、ありがとうございます。

あなたの幸せを願っています。




12月1日の花言葉

    「ハボタン  祝福、利益、包む愛 」



南国フィリピンではやせたい時にはほんのチョットだけあることをするだけです。
食欲の旺盛な彼女たちは決して食事制限なんかしません。1年中暑いので運動も嫌いです。
実は、食べない、食事制限をすることは太りやすい体質を自ら選んでいるようなものです。
本当はきちんと食事をしながらダイエットする事はシンプルでとても簡単なことです。
しかも運動さえほとんど必要としないで・・・


  ⇒ ★しっかり食べてキレイにやせるフィリピン式ダイエット

  
この記事へのコメント
minoriさんさん、

こんにちは!

代謝自体が生命の原動力なんですよね^^

そのことに気がついていると
健康でいられるって思います(^-^)

元気良く応援♪ポチ♪して帰ります〜。
Posted by manggis(ダイエット痩せるモチベーション.com) at 2008年12月04日 12:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110525331

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。