痩せたいのは「脚」より「おなか周り」……スリムビューティハウス、忘年会シーズン前にダイエット事情を調査





ご訪問ありがとうございます。

左側プロフ下「ランキング」応援いただければ幸いです。







青田典子の自宅で簡単にできる!【ビューティブル・ダイエット】








【痩せたいのは「脚」より「おなか周り」……スリムビューティハウス、忘年会シーズン前にダイエット事情を調査】


スリムビューティハウスは6日、クリスマスや忘年会など、
イベントが多い12月を迎えるにあたり「『ダイエット』に関する意識調査」を実施、その結果を公表した。

調査期間は11月22日〜24日で、20〜39歳の女性302名から回答が寄せられた。


この調査は「骨盤ダイエットBeautyコース」体験キャンペーンを実施するにあたり行われたもの。

今回の調査により、現代女性のダイエットに関する意識や実態があきらかになったという。


まず、「現在の体重や体型から、もっと痩せたいと思いますか?」と聞いてみたところ、
「思う」と答えた人は85%という結果になった。

やはり女性のダイエットの関心は衰えることがなさそうだ。

さらに、「周囲から“太った?”と言われたことはありますか?」と答えた人も、71%にのぼり、
他人から体型の変化を指摘された経験がある人も多いことがわかった。







ちなみに、女性たちに「痩せたいと思う部位」について聞いたところ、
トップが「おなか周り」(21%)、次いで「太もも」(20%)、
「二の腕」(15%)と「お尻」(15%)という結果になった。

同率5位となった「顔」(13%)、「ふくらはぎ」(13%)など周囲に見られる機会が多い部分よりも、
ふだん外には見えづらい「おなか周り」のほうにコンプレックスを抱いている女性が多いという結果になった。


一方で別調査(10月26日〜27日、調査対象:20〜39歳の女性300名)にて聞いた「2010年で流行したと思うダイエット」では、
「骨盤ダイエット」は46%と半数近くの票を集め、第1位という結果だった。

しかし、今回の調査で、「骨盤ダイエット経験者」に、目標達成の有無を聞いたところ、
「達成しなかった」が84%、「達成したが、リバウンドした」が9%という
、女性たちにとっては非常に残念な結果に。

理由としては、1位の「面倒で続かなかった」(31%)に続き、2位に「正しいやり方がわからなかった」などがあがった。

1人でのダイエットは、モチベーションの維持や正しいやり方の習得が難しく、
挫折してしまう人が多いようだ。


(mixiニュースより)








青田典子の自宅で簡単にできる!【ビューティブル・ダイエット】








今日もここまで読んでいただき、ありがとうございます。

あなたの幸せを願っています。







ぴかぴか(新しい)足痩せスペシャル!!





脚やせダイエットメソッド(メールサポート、オンライン動画付き)



%EF%BD%93%EF%BD%94005.jpg

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。