ダイエットと食事方法について


ご訪問ありがとうございます。

左側ランキング応援いただければ幸いです。




あっと言う間に桜が終わってしまいました。

そして4月ももう半ば、月日が過ぎるのが早く感じるのは私だけでしょうか。

一日一日を大切にしていきたいですね。




新着情報30件→RSS
goo ランキング
gooダイエット gooダイエッターが選ぶ昼食ランキング
1自分や家族の手作り弁当
2自宅で自炊
3社員食堂
4コンビ二でお弁当以外 
5コンビニ弁当
6お店でランチ
7総菜屋さんなどお店のお弁当
(C) NTT Resonant Inc. All Rights Reserved.




今日は「ダイエットと食事方法」についてです。


「ダイエットと食事方法」

1日の食事の摂り方を真っ先に考える。
これがダイエットをする際に大切なことです。


では具体的にどのように食事を考えたらよいのでしょうか。
一番大切なことは砂糖と脂肪を一緒に摂らないということです。

人は砂糖を摂取するとインシュリンの分泌が活発になります。

その結果脂肪が分解されずに体に蓄積されやすくなるので、
体脂肪がどんどんたまってしまうのです。

ということはダイエット中の人は食後の甘いものはなるべく控えて、
ソフトドリンクなども飲まないようにしたほうがよいでしょう。


そうはいっても3食の食事をしっかりと摂ることは重要です。
ダイエット中であっても朝2、昼3、夕1くらいの割合で食事をとっていきましょう。


朝食は体のエンジンをかけるために重要なものなので朝食を抜いてしまうと
体温がなかなか上がらず血流が悪くなり脳細胞の動きが鈍くなってしまいます。

ダイエットをしている人はたんぱく質を朝ごはんで摂るようにすることをおすすめします。


お昼ごはんはバランスの良い食事をしっかりと摂る必要があります。

ダイエット中の人は1日のうちで昼食で一番エネルギーを摂った方が良いのです。
そうはいってもダイエットをしているわけですから、カロリーの高いものはおすすめできません。

バランスの良い和定食などが良いかもしれません。


1日の中で一番軽めのメニューにしたほうが良いのが夕食です。

たんぱく質や野菜を中心として脂肪を極力避けるようにしましょう。

脂肪は夜眠っているうちに最も活発に蓄積されるからです。
インシュリンの分泌を抑制する効果があるのが、食事の後の運動です。

ダイエット中は夕食を摂った後に運動をする習慣をつけるとよいかもしれません。

ダイエットをしたい人はこれらのポイントに気をつけて
1日の食事をするとともに夕食後の軽い運動を取り入れてみてはいかがでしょうか。



今日もここまで読んでいただき、ありがとうございます。


あなたの幸せを願っています。



4月14日の花言葉

   「フリージア  親愛、純潔 」

ダイエットと献立


ご訪問ありがとうございます。

左側ランキング応援いただければ幸いです。




あなたのダイエットは進んでいますか?

世の中には実に多くのダイエット方法があります。

その中であなたに合ったダイエット方法を見つけるのは、簡単な事ではないかも知れません。

しかし、多くの情報を手に入れ、その中からあなたに合ったダイエット方法を手にして下さい。

そのために、このダイエットブログの情報がお役に立てれば幸いです。


けっして焦らず、良く考え、あなたにとってNo,1のダイエット方法を手に入れて下さい。

短期間で綺麗に痩せる方法は必ずあります。

諦めないでがんばりましょう!!








今日はダイエットのための食事の献立について書きます。


【ダイエットと献立】

ダイエットをするためにはバランスが良くカロリーをおさえた食事をすることが大切なのですが、
実際に毎日の献立を考えるのはなかなか大変なことだと思います。

ダイエット中の食事のための献立を決めるうえでは次のような点に注意しましょう。


まずおかずは一人分ずつ盛り付けることで、決まった量を食べることになり食べすぎを防ぎます。

おかずの味付けも薄味を基本にし、そうすればご飯が必要以上に進むということもありません。

薄味をおいしく食べるためには、ハーブやスパイスなどを上手に使うといいでしょう。


おかずの一品としてスープや味噌汁などを加えるようにするのもポイントです。

スープ類は満腹感を与えるのでおかずが少なくても満足できますし、
海藻やきのこ類を加えてダイエットにぴったりのスープを作るのも良いでしょう。

満腹感を早く感じることができることから、
やわらかいものよりもしっかりかめるもののほうがダイエットにはいいので、
おかずなどでも歯ごたえのある材料を使うようにしましょう。


ダイエットの献立はご飯、大きいおかず、小さいおかず、
汁物と少しずつバランスよく食べられるような組み合わせを考えます。

カレーや丼ものになると、ご飯が多くなると思いますが、
そうならないようにいつもどおりのご飯を入れるようにし、
器も小さめのものにするといいでしょう。


1日30品目というのがダイエット中に摂りたい食品の数なので、
これを目標に、できるだけいろいろな食材を選んで、
また普段摂りにくい乾物や豆類も積極的に摂り入れて、
献立を立てるようにしましょう。

以上のような点に注意してダイエット中の食事の献立を考えてみるとよいかもしれません。



今日もここまで読んでいただき、ありがとうございます。


あなたの幸せを願っています。



4月13日の花言葉

    「アネモネ  あなたを愛します 」

ダイエット食材の選び方


ご訪問ありがとうございます。

左側ランキング応援いただければ幸いです。




新入学の皆さん、新入社員の皆さん、おめでとうございます!!

勉学も仕事も「良いセルフイメージ」を持つことが、成功の鍵です。

「良いセルフイメージ」については過去の記事をぜひ読んで下さいね。

ページはこちら 「実践、トレーニング」、他

ちょっと宣伝させていただきました(笑)






やっぱりみんな気になるのは「足痩せ」なんですよね。



今日は「ダイエット食材の選び方」についてです。

最後までお付き合いください。

最後にお知らせがあります!!



【ダイエット食材の選び方】


食事に選ぶ材料からきちんと考えるようにすると、
食事からダイエットへとつなげることに成功します。

肉類を選ぶ場合は、肉はその場所によってカロリーも全然違ってくるので、
できるだけ低カロリーの場所を選ぶようにするといいでしょう。

牛肉、豚肉の場合はカロリーの高い順にバラやカルビ、
ロース、ヒレ肉、もも肉となり、鶏肉の場合はもも肉、むね肉、ささみとなります。

脂身の存在が見ただけでもわかるような肉は、高カロリーだと覚えておいていいでしょう。


ダイエットのためには、脂身の部分を取ってから調理するようにすると、
よりカロリーを抑えることができます。


カロリーが低い上にビタミンやミネラルなどがたくさん含まれている野菜は、
ダイエットには大変適した食材なので、しっかり摂り入れるようにしましょう。

ちょっと熱を加えるだけでぐっとかさを減らすことができるので、
工夫次第では相当な量を取り入れることも可能です。


またダイエットのための食材として大いに利用して欲しいのが大豆や大豆製品で、
大豆にはたんぱく質が豊富に含まれているうえに、大豆イソフラボンが体調を整えてくれたり、
肌あれにも作用してくれるのです。

それからローカロリーで鉄分やミネラルなどを含んでいるうえ、
食物繊維も豊富な海藻、こんにゃく、きのこなども利用するといいでしょう。


魚や肉を選ぶときに、わざと骨がついているものなどなどを使ってみると、
見た感じが明らかに豪華である程度満足感が得られ、
しかも食べるのに少し時間がかかるのでダイエットには役に立つのではないでしょうか。


ダイエット時には食材を選ぶときにはこのような工夫もしてみましょう。

ダイエットにいいとされる食材をどんどん調べ、
大いに活用しながら上手なダイエットに臨みたいですね。



今日もここまで読んでいただき、ありがとうございます。


あなたの幸せを願っています。


お知らせはこの下です。



4月9日の花言葉

   「ポリポジウム  軽快 」



    ー(長音記号2)    ー(長音記号2)    ー(長音記号2)    ー(長音記号2)    ー(長音記号2)    ー(長音記号2)    ー(長音記号2)    ー(長音記号2)


minoriのひとりごと

お待たせしました!!

いよいよ次回、特典のご紹介をいたします。

このサイトからダイエット商品をご購入いただいた全ての方に、
無料で特典をお渡しいたします。(商品に付けられている特典とは別に)

次回、更新時に特典の「内容」「特典の請求方法」等、詳しくお伝えいたします。

食事で始める簡単ダイエット!!


ご訪問ありがとうございます。

左側ランキング応援いただければ幸いです。




今日の雨と風で、桜がかなり散ってしまいました。

みなさん、お花見は終わりましたか?

食べすぎ、飲みすぎに気をつけましょう。



今日は「食事で始める簡単ダイエット」です。



【食事で始める簡単ダイエット】

ダイエットを始めようと思ったとき、それではどうすればいいのかと迷う人は多いのではないでしょうか。

急激な運動や極端な食事制限は体に負担を与えすぎるばかりか長続きできません。

簡単に気軽に続けることのできるダイエット方法をご紹介します。


まずはじめにすることは、毎日食べているものの調理方法をダイエットにつながるように工夫することです。


ダイエットに効果的な調理器具というものもあり、それは電子レンジ、グリル、
そしてフッ素樹脂加工のフライパンなどでカロリーをセーブするといいでしょう。

一般的にエネルギーの低いほうから蒸す、焼く、煮る、炒める、揚げるとなっていますが、
この調理過程でもカロリーカットの工夫をすることができるのでダイエットに役立ちます。


また焼くならグリルを使うと余分な油を落とすことができ、
煮る場合はあくをとるといいでしょう。

炒め物のときは、フッ素樹脂加工のフライパンを使って油を省くようにし、
揚げ物のときは衣を薄くし、
油はよく切った上にキッチンペーパーなどでしっかり吸い取るといいでしょう。


ダイエットを手っ取り早く始めるには、このように調理方法を工夫してみることと、
食事日記をつけてみても効果があります。

ただあまり詳しく記しすぎると面倒になりがちなので、
ダイエットの意識付けになるように食事内容や時間、
状況などを記録する程度のもので充分にダイエットには役に立つはずです。


このような日記をつけていると、自分の食事の様子を振り返ってみることもでき、
無駄やダメな点があれば気づくこともできるので、ダイエットには効果的なのです。

ダイエットも続けていれば習慣になるものなので、
日記とともにひとつの習慣にして進めていけばいいのではないでしょうか。


今日もここまで読んでいただき、ありがとうございます。


あなたの幸せを願っています。




4月7日の花言葉

   「ライラック  初恋の感激、愛の芽生え 」



3ヵ月間の無料サポートは4月いっぱいです。
このチャンスを逃さないで下さいね。


  ⇒ ★南優子式ダイエット DVDセット


  



    ー(長音記号2)    ー(長音記号2)    ー(長音記号2)    ー(長音記号2)    ー(長音記号2)    ー(長音記号2)    ー(長音記号2)    ー(長音記号2)


minoriのひとりごと

ただ今、このサイトから商品を購入していただいた方に、
特別な特典を無料でお渡しすべく、準備を進めております。

次回、次々回の更新には間に合うようにしたいと思っていますので、
ご期待ください。

「ダイエットは食事から」


ご訪問ありがとうございます。

左側ランキング応援いただければ幸いです。




みなさんいかがお過ごしでしょうか。

ここ関西でも桜が満開です。

連日お花見なんて人もいるかもしれませんね(笑)

食べすぎ、飲みすぎには注意です。ダイエットにも、美容にもね!!



さて、今日は「食事」についてです。



【ダイエットは食事から】

最近ちょっと体重が気になるという人がダイエットを考えたとき、
まず一番に気をつけるのは食事ではないでしょうか。

自分のやり方で極端に食生活にに制限を加えてしまったり、
食事の量をぐんと減らしたりする人もいることでしょう。

そうすることで、体を壊してしまうこともあり、
またかえって太ってしまうような体質に変わるときもあるので、
注意しなければなりません。


それではダイエットをするために、
食事を摂るときに気をつけなければならないこととはどんなことなのでしょうか。

そのためには、ダイエットに挑戦するときにまず自分自身の太った原因を調べてみる必要があります。


食事などから摂取されるエネルギーが消費されるエネルギーより多ければ、
当然のことながら脂肪が溜ることになるでしょう。

自分の食事生活を振り返ってみて、
食べすぎが普通になっていないか、
また日ごろから運動不足になっていないか、
それから前回のダイエットからリバウンドを起こしていないかなど自分を見つめてみましょう。


そのようにして自分自身が肥満を作った要因を理解できると、
どのように解決していけばいいかも見えてくるかもしれません。

ストレスによる食べすぎで肥満になってしまった人は
食事を上手に制限するダイエットで一番効果がでやすいようです。

とにかくストレスの原因は何なのかを考えることからはじめ、
解決する努力をし、それから食事をきちんと考えるようにするといいでしょう。


またリバウンドを防ぐためにはきちんと食事をし、
ゆるやかに体重を落とすダイエットが一番です。

無茶なダイエットを強いると体だけでなく心をも蝕む可能性もあるので、
自分の心と体はきちんと大切にしながら健康的にダイエットをするようにしましょう。



今日もここまで読んでいただき、ありがとうございます。


あなたの幸せを願っています。




   4月4日の花言葉

      「サクラ  精神美、優れた美人 」




3ヵ月間の無料サポートは4月いっぱいです。
このチャンスを逃さないで下さいね。


  ⇒ ★南優子式ダイエット DVDセット


  



「やせる生活習慣」について

ご訪問ありがとうございます。

左側ランキング応援いただければ幸いです。




ここ数回「食習慣」や「カロリーコントロール」などについて書いています。


今日は「生活習慣」について書きます。



やせるために生活習慣を改善することは大切で、
肥満は生活習慣によるものが大きいといわれています。

親が太っていると子どももどちらかというと太り気味という場合が多いことからもわかることです。

肥満体質は遺伝するといわれますが、遺伝によるものは3割で、
あとの7割は家庭での好みや食事の取り方による影響が大きいといわれています。

家族がそろって太りやすい生活習慣をしているということが、
その事実を裏付けているのです。

やせたい人がまずしなければいけないのは、きちんとした「自己管理」で、
早食いやまとめ食い・間食など太りやすい習慣がないかどうかまず反省してみましょう。

この生活を見直す「行動療法」は食事や運動と同じように大切なことで、
それには食事のたびに何をいつ、どこで、誰とどのくらい食べたかを、
「日記」にきちんと書き付けていくのです。(有名なのは岡田斗司夫氏の「いつまでもデブと思うなよ」)


そうすることにより、自分が毎日行っている食生活の問題がわかってくるのです。

夜遅くにものを食べたりすると、次の日の朝胃がもたれて食事ができない、ということになり、
食事は不規則になるうえ脂肪を蓄えやすくなってしまうので、
夜更かしの飲食は絶対に避けたいことです。

そして日ごろからできるだけ歩くようにし、
歩けるような距離を車や電車に乗らないようにすることなども大切です。

またエレベーターよりも階段・床掃除をこまめにするなどして、
なるべく普段から身体を動かすように心がけることが大切です。

イライラしてストレスをためることもやせるためには決していいことではなく、
それが原因でやけ食いをしたりしないよう、音楽でリラックスしたり、
スポーツですっきり汗を流したり、好きなことでストレス解消ができるようにしましょう。

まずは自分の生活を振り返って太る原因を見つけ出すこと、そしてそれを取り除く努力をすることこそが、
やせるために生活習慣を整える方法だと思います。



今日もここまで読んでいただき、ありがとうございました。


あなたの幸せを願っています。




     3月11日の花言葉

        「パンジー  物思い、私を思って 」

やせたい人の食事って?

ご訪問ありがとうございます。

左側ランキング応援いただければ幸いです。



ダイエットと食事!! 離しても離せない間柄?


その上、軽んじることの出来ないもの^^


「食事」について考えること。

それがダイエットするにあたって気を配らなければいけない事だと思います。


やせようと思うと食事の回数や量を減らすことを考えがちですよね。

しかし食事を減らすダイエット方法は、体重を減らすことはできても
同時に減ってはいけない骨や筋肉まで減らしてしまうことになりとても危険です。

こうなってしまっては何のためのダイエットなのかわからなくなってしまいます。


基本は一日3食きちんと規則正しくとることです。

3食の食事時間は5〜6時間空けるようにすれば間食を防ぎ、体脂肪を燃焼することができます。


やせたい人は1日の中でもとくに朝食をしっかりと摂ることです。

朝食抜きはダメですよ(「ダイエットと脂肪について」参照)


朝食は食事量が多くても1日の活動でエネルギーを消費していくことができるので、
体脂肪は蓄えられにくいので、朝はたくさん食べても大丈夫です。

おすすめの朝食メニューは具だくさんの味噌汁・ごはん・おかず数品という組み合わせです。


バランスの取れた食事をするように心がけましょう。


痩せたいとつい食事を抜いてしまいます。


しかしこれは胃や腸の吸収力を高めることになり、
次に食事をしたときによけいにエネルギーを吸収しようするので、
かえって太りやすくなります。(実感している人もいるのでは^^)


また重要なのは1日の食事量の配分です。

夕方以降はあまり身体を動かさず寝るだけですから、夕飯の量は少なめにする必要があります。
目安としては「朝5:昼3:夕1」ぐらいがベストです。


とくに朝ごはんはしっかりと栄養バランスの取れた食事を摂りましょう。


これら基本的なダイエットの知識は、痩せやすい体をつくるという観点からも必要な事だと思います。


基礎が出来ている身体と、出来ていない身体では同じダイエットの効果を得るまでの時間が違ってきます。


あなたが短期間に痩せたいと思っているのなら、痩せやすい身体の基礎作りを怠ってはいけないのです。


基礎が出来れば、あなたのダイエットは驚くほど進むでしょう。




今日もここまで読んでいただき、ありがとうございました。


あなたの幸せを願っています。



     
     3月9日の花言葉

        「カレンジュラ  哀愁 」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。