子供のメタボリック症候群

[ダイエット方法] ブログ村キーワード



ご訪問ありがとうございます。

左側ランキング応援いただければ幸いです。






今日はダイエットニュースを一つどうぞ。



【減量は報酬が得られれば楽に=米研究者】

[シカゴ 9日 ロイター] 米ペンシルベニア大学薬学部のケビン・ボルプ博士らの研究チームは9日、
体重の減量は報酬が得られれば楽になるとの調査結果を発表した。

減量プログラムが報酬と連動し、体重を減らすことに失敗したら現金を受け取れなくなると意識させることにより、
いわゆる一般的なダイエットよりも減量への強い動機付けになるという。

ボルプ博士は、深刻な健康問題も引き起こす肥満への効果的な対応方法を検討。
多くの減量プログラムが失敗するのは、何かの犠牲を強いることが要因だとの指摘している。

米国医師会誌(JAMA)に発表した論文で同博士は、
減量を行う人を報いるような報奨システムを作りたいと述べている。

(mixiニュースより)


ダイエットして報酬貰えたら、私なら俄然やる気が出ますね^^
あなたはどうですか?


いよいよ来週金曜日に「ドリームプレス社、D-1コンテスト3時間スペシャル」ですね。
楽しみです。

新しいダイエット方法が見つかるかもしれませんよ。





【子供のメタボリック症候群】

子供に広がっているメタボリック症候群も問題になっています。

どんどん増えている子どもの肥満は、30年前と比較してみると2倍にもなり、
それだと1割が肥満ということになるのです。

子どものメタボリック症候群は、運動不足や不規則な生活、脂肪の多い食事、
それからコンビニなどでいつでも買ってものが食べられる環境などが原因となっているのです。

子供の肥満やメタボリック症候群の約70%は、
大人になっても移行する可能性も高いようです。


肥満症がひどい場合には小児期からでも高血圧や糖尿病などの生活習慣病を合併する危険性もあります。

子供が肥満気味だと感じる人は早めに検査等を受けてメタボリック症候群の予防をすることが大切です。

厚生労働省からも、6歳から15歳のメタボリック症候群診断基準が出されているのです。

メタボリック症候群が、それほど子どもにも迫っていて、
予防と対策が重要視されているということです。


しかし無理なダイエットを強いて、子どもにメタボリック症候群の予防をさせることは、
あまりいいことではありません。

食生活を改善することが、子どものメタボリック症候群の一番の予防になります。

育ち盛りの子供たちにはダイエットよりもスナック菓子やジャンクフードをやめたり、
朝昼晩の食事をバランスよく食べさせることのほうが大切です。

家の中でゲームばかりするような遊びをやめ、もっと外で体を動かして遊ぶようにすれば、
生活も規則正しくなり、肥満解消に役立つようになるでしょう。






今日もここまで読んでいただき、ありがとうございます。

あなたの幸せを願っています。




12月12日の花言葉

    「ゲイソリーザ  心弾む知らせ 」




あなたの今までのダイエットの常識を変えます!!
全170P+おまけページ


90日間(3ヶ月)で−10キロ減量成功!その方法とは・・・・
たった二つの法則だった!!!


あなたがすることは
「おやつを食べること!?」
「3食必ず食べること!?」
「よく寝ること!?」
「10分間だけ動くこと♪」

無理のないダイエットでスリムな身体と
豊かな心をGETしましょう♪

そして簡単な二つの法則で90日間で−10キロ減量成功!!
「Happy健康ダイエット」

自己管理シートプレゼント中♪

無期限メールサポート付き



  ⇒ ★90日間で−10キロ減量に大成功!成功するダイエット方法!「Happy健康ダイエット」無期限無料メールサポート付き、あなただけのダイエット計画作ります!

  

メタボリック症候群の予防を運動でする

[ダイエット方法] ブログ村キーワード



ご訪問ありがとうございます。

左側ランキング応援いただければ幸いです。





元婦人科薬剤師がホルモンの知識を活かし遂に導き出 したバストアップ法バストの成長に
女性ホルモンの分 泌が不可欠であることは周知の事実。

しかしエストロゲンやプロゲステロンを単純に増やせ ばバストが成長すると言う考え方は根本的に間違って います!
あなたのバストの成長に必要なもの・・・ それはまずはホルモンに対する本物の考え方を身につ けることだったのです。

このバストアップ法で成長したバストは元に戻ること はありません。



  ⇒ ★:大きくなったら二度と戻ることがない豊胸・バストアップ法

  





【メタボリック症候群の予防を運動でする】

適度な運動をすることは、メタボリック症候群を予防することにつながります。

メタボリック症候群を予防するには、食事を工夫する法方がありますが、
運動も効果のある法方なのです。

体内の中性脂肪を燃焼させるための運動といえば、
有酸素運動がまず上げられるでしょう。

激しい運動ではなく多少汗をかく程度の継続できる運動がいいでしょう。


そんなメタボリック症候群を予防するのに役立つ運動とは、
どんなものでしょうか。

いちばん手っ取り早い運動としてあげられるのがウォーキングで、
20分以上継続することで、脂肪が燃焼し始めるといいます。

メタボリック症候群予防としては、早歩きくらいのウォーキングが適当で、
まわりの景色を楽しむくらいの余裕を持って行うといいでしょう。


メタボリック症候群を予防するには、水泳も最適の有酸素運動で、
これも疲れすぎない程度にゆっくり泳ぐようにしましょう。

ウォーキングや水泳のような運動をする時間も持てず、
どうしても生活が不規則にならざるを得ない人にこと、
メタボリック症候群になりやすい人が潜んでいるといえるでしょう。

きちんと運動する時間を作れない人は、
家の中でできる有酸素運動をすればいいのです。

踏み台昇降運動や、ラジオ体操などは室内で誰でもできる運動ですので、
多忙な人のメタボリック症候群の予防を運動でするにはぴったりといえるでしょう。


メタボリック症候群の予防となるように、
長く続けられるような運動を行っていきましょう。






今日もここまで読んでいただき、ありがとうございます。

あなたの幸せを願っています。




12月10日の花言葉

    「サザンカ  愛嬌、理想の恋、謙虚 」




あなたの今までのダイエットの常識を変えます!!
全170P+おまけページ


90日間(3ヶ月)で−10キロ減量成功!その方法とは・・・・
たった二つの法則だった!!!


あなたがすることは
「おやつを食べること!?」
「3食必ず食べること!?」
「よく寝ること!?」
「10分間だけ動くこと♪」

無理のないダイエットでスリムな身体と
豊かな心をGETしましょう♪

そして簡単な二つの法則で90日間で−10キロ減量成功!!
「Happy健康ダイエット」

自己管理シートプレゼント中♪

無期限メールサポート付き



  ⇒ ★90日間で−10キロ減量に大成功!成功するダイエット方法!「Happy健康ダイエット」無期限無料メールサポート付き、あなただけのダイエット計画作ります!

  

メタボリック症候群を食事で予防する

[ダイエット方法] ブログ村キーワード



ご訪問ありがとうございます。

左側ランキング応援いただければ幸いです。





元婦人科薬剤師がホルモンの知識を活かし遂に導き出 したバストアップ法バストの成長に
女性ホルモンの分 泌が不可欠であることは周知の事実。

しかしエストロゲンやプロゲステロンを単純に増やせ ばバストが成長すると言う考え方は根本的に間違って います!
あなたのバストの成長に必要なもの・・・ それはまずはホルモンに対する本物の考え方を身につ けることだったのです。

このバストアップ法で成長したバストは元に戻ること はありません。



  ⇒ ★:大きくなったら二度と戻ることがない豊胸・バストアップ法

  





【メタボリック症候群を食事で予防する】

メタボリック症候群の予防の基本は適正な食事です。

まず自分自身が必要以上に食べていないかをチェックすることが
メタボリック症候群の予防の第一歩だといえます。

満腹感を得るため、食べないと体に悪いのではないかという理由で
カロリーオーバーの食事をする人もいます。

間食に清涼飲料や缶コーヒー、
スナック菓子などを食べるなどの食習慣はメタボリック症候群の予備群になり得ます。

このような食生活を改善し、
それからメタボリック症候群の予防として進めていきましょう。

人が一日に必要なカロリーは、その人の体重で算出できるのです。

適正体重とは、身長(m)×身長(m)×22で求められる数字です。

必要な1日のエネルギー量はというと、

デスクワークが多い人の場合25〜30キロカロリーで、
立ち仕事や外回りをする仕事の人で30〜35キロカロリー、
また体をよく使う仕事の人の場合35〜40キロカロリーだといいます。

このカロリーを守って食事を摂ることを目指して
メタボリック症候群の予防を食事から始めましょう。

必要なカロリーを超えないように食事をするだけでなく、
よくかんで食べることも、メタボリック症候群の予防につながることなのです。

食べ物を良くかむことは消化吸収を良くすることでもあり、
食事の時間も長くなって満腹になりやすくなります。

メタボリック症候群を予防する上で、
この食べ過ぎることを防げることは大変効果的な法方だといえるでしょう。






今日もここまで読んでいただき、ありがとうございます。

あなたの幸せを願っています。




12月8日の花言葉

    「ピラカンサ  慈悲、愛嬌 」




あなたの今までのダイエットの常識を変えます!!
全170P+おまけページ


90日間(3ヶ月)で−10キロ減量成功!その方法とは・・・・
たった二つの法則だった!!!


あなたがすることは
「おやつを食べること!?」
「3食必ず食べること!?」
「よく寝ること!?」
「10分間だけ動くこと♪」

無理のないダイエットでスリムな身体と
豊かな心をGETしましょう♪

そして簡単な二つの法則で90日間で−10キロ減量成功!!
「Happy健康ダイエット」

自己管理シートプレゼント中♪

無期限メールサポート付き




  ⇒ ★90日間で−10キロ減量に大成功!成功するダイエット方法!「Happy健康ダイエット」無期限無料メールサポート付き、あなただけのダイエット計画作ります!

  

メタボリックシンドローム予防のための食事

ご訪問ありがとうございます。

左側ランキング応援いただければ幸いです。




本当は昨日、記事をupしようと思っていたのですが、

TV映画「グリーンマイル」に見入ってしまって、今日になりました。

何度見ても考えさせられる映画ですね。


ちょっと余談になりましたが、今日はメタボリックシンドロームの最後の記事です。



【メタボリックシンドローム予防のための食事】


メタボリックシンドローム予防には、やはり食事から始めることが一番です。食事は内容だけでなく、
食べる時間や量、食べ方も大きく影響をします。

日々の習慣になるように少し気をつけるだけでも予防策としては有効なので、
あまり神経質にならない程度に少しずつ実行していけば、
ダイエットにもなり、健康にももちろんよい結果をもたらすでしょう。


メタボリックシンドロームの予防策として、
食事は寝る3時間前までに済ませるようにします。

それはなぜかというと、寝る3時間以内にものを食べると中性脂肪は増え、
その中性脂肪を代謝する機能は食べてすぐに眠るとうまく処理されないからなのです。

処理しきれなかったエネルギーはカスとして血液中に残り、
中性脂肪を増やす源になります。


また、食べてすぐ寝ると脂肪の吸収がよくなり脂肪が蓄積され、
メタボリックシンドロームに近づいてしまいます。

そしてゆっくりと時間をかけてよく噛んで食べると、
それもメタボリックシンドロームの予防につながるのです。

よくかむことで満腹中枢が刺激され、少し食べただけでも満足できるうえ、
インスリンが正しく分泌するよになって肝臓への負担も軽くすることができるのです。

わかりやすくいうとひとくち30回程かむくらいがよく、
食べ物が口の中でおかゆのようになるくらいが理想的な状態といえます。

それから食事を食べすぎに注意してコントロールするようにすると、
メタボリックシンドロームを予防することにつながります。

それには一日に必要なエネルギー量をまず調べておいて、
その範囲以外では食べないようにすると、脂肪を余分につけないことになります。



今日もここまで読んでいただき、ありがとうございます。

あなたの幸せを願っています。




5月11日の花言葉

   「カーネーション  純粋な愛、母への愛 」

メタボリックシンドローム予防の必要性


ご訪問ありがとうございます。

左側ランキング応援いただければ幸いです。




【メタボリックシンドローム予防の必要性】


メタボリックシンドロームは病気になりやすい状態ですが、
病気ではありません。


その上診断基準に沿うような症状を持っている場合でも、
特にこれといった体の症状が出るわけでもなかったりします。

この自覚症状がないというところが問題で、そのために予防ができにくく、
動脈硬化と判断されるまでにいたって初めて気づくということもあるのです。


動脈硬化の初期は自覚症状が出ない場合がほとんどで、
体になにか違和感があれば、もう予防の段階ではなく、
かなり進んだ状態だということもよくあります。


そういうわけで、メタボリックシンドロームが進んでからでは改善しようとしても遅いのです。

メタボリックシンドロームにならないように、
さらには病気をいくつも発症してしまわないうちに、
きちんと予防しておくことが大切なのです。


まず自分の体について状態を熟知すること、
これこそがメタボリックシンドロームの予防のためにはじめにすることなのです。

そのためにはきちんと健康診断を受け、
自分がメタボリックシンドロームかどうか調べてみることから始めましょう。

そうすれば現在の自分の体の危険性も察知することも出来、
予防を始めようという思いもおきてくるでしょう。

近所の病院にいってみることもできるでしょうし、
ほかにも健康診断でその判断をあおぐ、という手段もあるでしょう。

人間ドックと健康診断は似たようなものだと思われがちです。

けれどもメタボリックシンドロームがどうかを知るには健康診断で十分で、
人間ドックのような健康状態をより細かくみるほどのものは必要ないでしょう。



今日もここまで読んでいただき、ありがとうございます。

あなたの幸せを願っています。



次回は「メタボ予防のための食事」についてです。




5月9日の花言葉

   「セージ 家庭的、家族愛 」


 ★痩せるまでとことんサポート完全版!!運命のダイエット大辞典

  
| Comment(0) | TrackBack(1) | メタボリック

メタボリックシンドロームについて


ご訪問ありがとうございます。

左側ランキング応援いただければ幸いです。



GWも終わりましたが、GW中のダイエットは進んでいましたか?

気を抜かずにがんばりましょう!!


今日から3回に分けて「メタボリックシンドローム」について記事をupします。



【メタボリックシンドロームについて】


メタボリックシンドロームとは、内蔵に脂肪がたまってしまうことで、
肥満症や糖尿病、高血圧、高脂血症などというような生活習慣病が
起こりやすくなっている状態のことをいうのです。

重なって発生しやすいのがこれらの病気の特徴で、
また病気が重なるにつれ、動脈硬化へとつながりやすくなっています。


日本人の三大死因はがん、脳卒中、心臓病になっています。

その中の心臓病と脳卒中が入っている、
いわゆる循環器病の元となるのが、この動脈硬化なのです。

そんな生活習慣病にならないようにするためには、
まずメタボリックシンドロームこそを予防することです。

メタボリックシンドロームの基準には、2005年に日本肥満学会からまず男性は腹囲85cm以上、
女性は腹囲90cm以上と発表されました。

それに加え、血圧130/85mmHg以上、中性脂肪150mg/dL以上またはHDLc40mg/dL未満、
血糖110mg/dL以上、という基準が含まれるのです。


しかし日本、WHO、アメリカとそれぞれ基準が異なっているのです。

しかも本質をついた内容であるとはいいきれないため、予防法も様々です。

メタボリックシンドロームだと判断される人がかかりやすいといわれている糖尿病、
心筋梗塞、脳卒中の3つの疾患は、医療費の中では約30%にあたります。

この事実で将来に強い不安を覚えた厚生省は、それを予防するために、
生活習慣病患者といずれ生活習慣病にかかりそうな人を2015年までに25%減らす目標を立ち上げました。

メタボリックシンドロームは、
そういうわけで保健指導を行って予防しなければならないということになったのです。




今日もここまで読んでいただき、ありがとうございます。

あなたの幸せを願っています。



5月7日の花言葉

   「バイモユリ  人を喜ばせる、努力、威厳 」



 ★痩せるまでとことんサポート完全版!!運命のダイエット大辞典

  
タグ:健康 ダイエット 女性 やせる 商品 日記 情報 痩せる 美容
| Comment(0) | TrackBack(0) | メタボリック

メタボリックシンドロームとは?

ご訪問ありがとうございます。

左側ランキング応援いただければ幸いです。




今日は「メタボリックシンドローム」についてご紹介しますが、その前に「メタボリックシンドローム」に関するニュースを一つ紹介します。


「40代メタボは家計にも打撃 20年間で医療費118万円」

4月より、40歳から74歳までのすべての被保険者・被扶養者を対象に、
メタボリックシンドロームの予防、改善を目的とした「特定健康診査・特定保健指導」が始まる。

株式会社日本医療データセンターは、保健指導対象者の階層化基準で、
40代「積極的支援レベル」に該当する人は、その後の20年間で1人あたり医療費は約395万円、
うち自己負担3割分で118万円かかるとの試算結果を発表した。

積極的支援レベルとは、腹囲が「男性で85cm以上、女性で90cm以上」又はBMIが「25以上」で、
かつ健診結果の項目で基準値を超えているものが、前者で2個以上、後者で3個以上ある場合を示し、
肥満と生活習慣病罹患リスクが高い状態の人が該当する。

このレベルの人の年間医療費(自己負担3割分)は、40代で4万7,490円、50代で7万1,219円。

これに対して、リスク数の少ない「情報提供レベル者」の年間医療費は、
40代で2万8,856円、50代で5万2,587円であったことから、
健康を保つことが家計に及ぼすダメージも小さく抑えられることが明らかとなった。

この結果は、日本医療データセンターが契約する健康保険組合に加入する30〜50代の
健診受診者56,662人のデータを厚生労働省が示す基準で階層化し、
レセプトデータで病院受療者の年間医療費を個別に集計。

階層集団別の年間医療費の平均値からシミュレーションし、判明した。


アメーバニュースより


ちょっと笑えないニュースですね。



さて、今日の本題「メタボリックシンドロームとは?」です。

いろいろな所で見たり聞いたりするメタボリックシンドロームですが、
メタボリックは「代謝」、シンドロームは「症候群」という意味です。

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪肥満症のことで、
単に内臓脂肪が多い状態というだけでなく、高血圧、高血糖、高脂血症などの生活習慣病を発症している状態を指します。


メタボリックシンドロームに陥ると、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす元になり、
実際に体脂肪率が高めの人は気を付けなければなりません。

この原因は、なんといっても運動不足や過食などの生活習慣によると言われています。

まずは余分に蓄積した体脂肪を減らすために、
ウォーキングなどの有酸素運動や筋肉トレーニングなどを取り入れ、
運動不足を解消し、食生活を見直すなどの生活改善が必要です。

40歳を超えると、このメタボリックシンドロームが急激に増えると言われています。

そんな時期も、今では食生活の欧米化などのせいで関係なく、
もっと若い世代の人たちまでもがそんなメタボリックシンドロームの可能性を秘め、
いわゆる「予備群」として存在しているといわれています。

とにかく体脂肪が増えてしまうことは、
メタボリックシンドロームを引き起こす原因になっていることは間違いありません。

身体に体脂肪を蓄えていくという機能は、人間にとってはひとつの本能で、
それは人が生きていくために必要不可欠なことです。

人には生まれつき体脂肪がつきやすい人もいて、
これは肥満遺伝子によるものなのですが、このような遺伝子を持っている人は、
特に食生活を見直して改善していかなければなりません。

運動不足や過食などであまりに脂肪がたまってしまうと、身体には悪いことばかりですから、
とにかくそうなる前に予防措置を忘れないようにしましょう。

メタボリックシンドロームにならないためにも体脂肪率のチェックが必要です。



今日もここまで読んでいただき、ありがとうございました。


あなたの幸せを願っています。




3月21日の花言葉

   「アネモネ  あなたを信じて待つ、期待 」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。