自転車ダイエットのメリット

[ダイエット方法] ブログ村キーワード



ご訪問ありがとうございます。

左側ランキング応援いただければ幸いです。











【自転車ダイエットのメリット】

数あるダイエットの中でも、
自転車ダイエットならではの特徴や利点などはあるのでしょうか。

毎日のちょっとした移動に車を使わず自転車で行く習慣をつければ、
あえて運動の時間を確保せずとも体を動かす機会を得ることができます。

健康や体重ダウンを目的として、気が進まないけれどダイエットをしようという人は、
たいてい長続きしません。

自転車に乗ることが、日常生活の一部だということで、普段の運動をしながら、
ダイエットという目的を果たせることに、
自転車ダイエットのメリットがあります。

嬉しいことに、お金がかからないことも自転車ダイエットのメリットです。

スポーツジムなどにかかるお金も必要ありませんし、
エステ費用もいりません。


通勤、買い物、訪問など、今まで公的交通機関を利用していた人も、
その料金がかからなくなるのが自転車ダイエットです。

自転車での移動は、ウォーキングやジョギングと同じく有酸素運動です。

酸素を体内に取り込みながら脂肪を燃やし、
全身の心肺機能を向上させてます。

ジョギングなどと違うところは、自転車の方が移動距離が長いことです。

メタボリックシンドローム予防や健康維持にも有酸素運動は有効です。

血圧や血糖値の正常化にも役立ちますし、
脂肪燃焼度がよくなって痩せやすい体質へと改善されます。

有酸素運動は健康的なダイエットには強力な味方であり、
ジョギングやウォーキングも痩身に役立ちます。


行動範囲が広くなり、日々の用事をこなす助けにもなり、
自然に運動も可能な自転車ダイエットはとても有益な方法ではないでしょうか。

自転車ダイエットは即効性には乏しいので1週間や10日で体質改善が終了するわけではありませんが、
体に負担をかけずいつの間にか引き締まった体になっているダイエットです。

何かにつけて自転車を活用するクセをつけることで、
日々の生活の中で体を動かす機会を得ることができるようになります。

まずは、最寄りのコンビニエンスストアなどに行くときに自転車で移動するなどしてはどうでしょう。






今日もここまで読んでいただき、ありがとうございます。

あなたの幸せを願っています。




10月17日の花言葉

    「ムラサキベンケイソウ  静穏 」


南国フィリピンではやせたい時にはほんのチョットだけあることをするだけです。
食欲の旺盛な彼女たちは決して食事制限なんかしません。1年中暑いので運動も嫌いです。
実は、食べない、食事制限をすることは太りやすい体質を自ら選んでいるようなものです。
本当はきちんと食事をしながらダイエットする事はシンプルでとても簡単なことです。
しかも運動さえほとんど必要としないで・・・


  ⇒ ★しっかり食べてキレイにやせるフィリピン式ダイエット

  

自転車ダイエットの効果

[ダイエット方法] ブログ村キーワード



ご訪問ありがとうございます。

左側ランキング応援いただければ幸いです。





面白いダイエットニュースを一つどうぞ。



【朝バナナの次に来るダイエット候補は「とろろ昆布」】

朝バナナダイエットがブームになって久しい。
9月末にはスーパーなどで品薄が続くほどであった。

「AERA」10月13日号によると、朝バナナダイエットは「ストレスが少ない」ため、
続きやすいとのこと。

しかし、「きな粉やにがり、90年代はりんごやヨーグルトきのこなど、
60年代以降、次から次へと「ダイエット食品」が浮かんでは消えていった」というように、
消費者は、次々と「『どこにでもある』『調理しなくていい』
『簡単に食べられる』『安い』もの」を求めてきたという。

それでは、次は何ダイエットブームが来るのだろうか。

AERAによると、放送作家の小山薫堂氏は「とろろ昆布」と予想しているといい、
そのダイエット効果を裏付ける論文もあるという。

漫画家の辛酸なめ子氏は自身のブログで「朝カボチャ」「朝スウィートポテト」
「朝イカめし」「朝せんべい」「朝カラスミ」ダイエットなどを提唱している。

個人のダイエットブログでは「朝だけフルーツダイエット」「ウーロン茶ダイエット」なども上がっている。

(アメーバニュースより)






【自転車ダイエットの効果】

自転車ダイエットは、果たして体重減少にどれほど役立つのでしょう。

自転車の平均速度で15キロほど走行した場合の消費エネルギーは、
1時間当り約180キロカロリーだそうです。

これは坂道ではない平地での計算になりますので、
実際にはもう少し消費しているはずです。

自転車は速度を上げるともちろん消費カロリーも増えていきます。

時速20キロで走行したら、1時間当り約300キロカロリーになります。

これが、時速30kmまでスピードを増した場合は消費カロリーは約800kalにまで増えます。

実際のところ自転車で時速30kmは難しいですが、時速20kmで1時間くらいなら可能ですよ。


自転車を使ったダイエットを長く続けるためには、
自分に合うペースを見つけて実行することです。

きつい運動をすることが目的ではないので、
距離や目標時間を柔軟に定めてやりやすい習慣を作りましょう。

体に適切な負荷をかけながら適切な運動ができるだけでなく、
自転車に乗り続けることでスタミナがつきます。

自転車ダイエットの効果は、ただ消費カロリーを増やし、
基礎代謝を高めるだけではありません。


太ももや二の腕が柔らかなお肉でたるみ気味な人もいると思いますが、
自転車を使った運動でこれらの筋肉が鍛えられスリムアップします。

背筋をピンと伸ばして運転することによるので、
自然と下腹部に力が入り腹部のふくらみもなくなります。

自転車をこぐと脚が太くなるので嫌だという人もいるかもしれませんが、
太くなるまでには相当の筋肉を付けなければならないので心配はいりません。


適度な自転車運動を毎日続けることで、
すらりとした下半身のプロポーションになることができます。

脂肪が落ちる前に一時的に太ったように感じる場合もあるようですが、
自転車ダイエットでは、心配せずに継続することで、
ダイエット効果が出てくるのです。






今日もここまで読んでいただき、ありがとうございます。

あなたの幸せを願っています。




10月15日の花言葉

    「ウメモドキ  明朗、知恵 」


南国フィリピンではやせたい時にはほんのチョットだけあることをするだけです。
食欲の旺盛な彼女たちは決して食事制限なんかしません。1年中暑いので運動も嫌いです。
実は、食べない、食事制限をすることは太りやすい体質を自ら選んでいるようなものです。
本当はきちんと食事をしながらダイエットする事はシンプルでとても簡単なことです。
しかも運動さえほとんど必要としないで・・・


  ⇒ ★しっかり食べてキレイにやせるフィリピン式ダイエット

  

自転車でダイエットできるのか

[ダイエット方法] ブログ村キーワード



ご訪問ありがとうございます。

左側ランキング応援いただければ幸いです。





今日もダイエットニュースをどうぞ。
これは笑えますよ。

あまりこういうものに振り回されないようにしましょうね!!



【ホットドックダイエット、原始人ダイエットが存在する】


世界で起こっている様々なニュースを紹介しているブログ「ぱるぷんてにゅーす」で
「世界で最もうさん臭いダイエットTOP10」が紹介されている。

その中でも特にユニークなものには、原始時代の食生活をそのままに模倣し、
赤身の肉と野菜・果物・ナッツをそのまま食す「原始人ダイエット」がある。

確かに太った原始人はあまりイメージしにくいことから効果がありそうなイメージはある。

ただし、原始人は寿命が15歳であったとのこと。

次に、寄生虫・サナダムシを自らの腸内に入れ飼育する「サナダムシダイエット」。

無駄な養分が彼らによって吸収され、確実なダイエット効果が期待できる。

最終的には専用の薬剤を飲み、腸内にはびこるサナダムシを一匹残らず殺し、
排便と共に体外に排出するのだという。

同ブログにはこの2つの他にも「パスタ・チョコレートダイエット」や
「禅ダイエット」など普段耳にしない方法が紹介されている。

また、「ホットドックダイエット」という不思議なダイエット方法もあるという。

「ぱるぷんてにゅーす」はこちら。
http://lllparopuntelll.blog118.fc2.com/blog-entry-586.html


(アメーバニュースより)





【自転車でダイエットできるのか】

自転車でダイエットができるのでしょうか。

忙しい現代人は、体のためにもスタイル向上のためにも適度な運動は欠かせないことがわかっていても、
体を動かす時間が確保できません。

生活習慣病や肥満を防止するためにも、
毎日のエクササイズを続けていきたいものです。

しかし、ダイエットのためにと一念発起しても長く続かない人が多いことも事実です。


運動が面倒だったり辛く感じている人は、
無理矢理運動をしようとしているのかもしれません。

ダイエットに失敗した人でも、
日常生活に上手く取り入れた自転車ダイエットなら成功できるかも知れません。

車に乗って買い物や用事を済ませていることを、
自転車に乗って済ませることに変えてみるのです。

自転車ダイエットは、食べたい物を必死で我慢したり絶食をしたりせず、
ごく意識せずにダイエットを続けることができる画期的な方法です。


スポーツジムにあるエアロバイクに限らず、
買い物や通勤に用いる通常の自転車でもダイエットエクササイズ用の
自転車として十分に活躍してくれる道具となってくれます。

自転車に乗り続けることで消費する運動量は、案外と大きいものになっています。

自転車に乗って、坂道を上がったり、スピードをつけてこいだりすれば、体にかかる負荷が多くなる為、よりたくさんのエネルギーを必要とします。


脂肪が燃焼し太りにくい体を作り上げるためにも、
日々の習慣の中に自転車による移動を組み込むことは非常に有益で、
ダイエットに役立ちます。

良く体を動かすことで筋肉の割合も増え、
引き締まったボディになります。

体に負担が少ない、健康的なダイエットを成功させるためには、
過度な食事制限をしすぎず運動を継続する必要があります。

食べる量を減らすだけのダイエットでは、
代謝力が下がって太りやすい体になってしまいます。






今日もここまで読んでいただき、ありがとうございます。

あなたの幸せを願っています。




10月13日の花言葉

    「クルクマ  あなたの姿に酔いしれる 」


南国フィリピンではやせたい時にはほんのチョットだけあることをするだけです。
食欲の旺盛な彼女たちは決して食事制限なんかしません。1年中暑いので運動も嫌いです。
実は、食べない、食事制限をすることは太りやすい体質を自ら選んでいるようなものです。
本当はきちんと食事をしながらダイエットする事はシンプルでとても簡単なことです。
しかも運動さえほとんど必要としないで・・・


  ⇒ ★しっかり食べてキレイにやせるフィリピン式ダイエット

  
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。